caf’e de Moku

caf’e de Moku(カフェ ド モク)は、高松市美術館に併設されている、カフェ&ショップです。

店内には、地元の作家や作り手の作品・美術関連グッズを展示、販売しております。

無垢の木に囲まれて、日常からちょっと離れた癒しの時間をお過ごしください。


Information

2019.2.14~

あったか メニューが登場です!

厚切りピザトースト  680円


2019.3.8~2019.3.9

庵治石“温石”あったか無料体験会

まだまだ肌寒いですね。

温かい庵治石のマッサージ体験をしてみませんか?

3月8日(金)と9日(土)の午前11時頃からティータイム時まで無料で体験できます。

心と身体を温める八千万年の刻の雫

 

古くから石を温めて懐の暖をとるものとして、また温熱療法に用いられた「温石(おんじゃく)」。

 世界最高級の石材・庵治石の細やかな石目を活かし、独自の研磨技術を尽くした、肌馴染み格別の温石です。

温めてじんわり、そのままで冷んやり。

肩に、四肢に、足裏に・・・するりと馴染んで心地よい。

大地の力宿る天然の石が、心身を和らげてくれます。



2019.1.17~2019.3.26

カフェを彩る小物たち 展示販売

カフェを楽しい場所にしてくれる器やカップ、お花など。可愛く優しい小物たちを紹介します。

 

【出展作家】

朝倉彫刻店/安部加寿美/平田友美/朋花窯

香川県を拠点に活躍する、作家さんたちのご紹介ページです。


営業日・時間

高松市美術館の営業に準じます。高松市美術館のサイトをご確認ください。 

住所

〒760-0027 香川県高松市紺屋町10-4

入館について

caf’e de Moku は高松市美術館の併設施設ですが、カフェまたはショップのみのご利用も可能です。その場合、入館料は必要ありません。


Menu Table


Message

「香川の作り手を 香川のみんなで守りたい。」

香川で生まれ育ったひとりとして、香川県で活動する作り手と、その作品を応援する活動を行っています。

 

代表:平田 真由美